仮想通貨 税金

仮想通貨で儲けたらいくら税金払う必要があるのか気になりますね。
ちょっと調べてみました。

仮想通貨を売却、商品を購入するなどして決済に使う、仮想通貨同士を交換するなどで出た利益に課税されます。利益から必要経費を引いた額が所得になりますが、給与所得者は給与以外の所得が20万円を超えたときに確定申告が必要になります。

税法上は原則、雑所得に区分されます。税率は一律10%の住民税を合わせると15~55%。所得が高いほど税負担が重くなります。

所得税率は、

利益195万円以下で5%
利益330万円以下で10%
利益695万円以下で20%
利益900万円以下で23%
利益1800万円以下で33%
利益4000万円以下で40%
利益4000万円超えで45%

簡単な例を出すと、1年で100万円利益が出た場合、

所得税は100万×5%で5万円

住民税は100万×10%で10万円

5万円+10万円=15万円の税金が発生します。

1億円の利益が出た場合、

所得税は1億×45%で4500万円

住民税は1億×10%で1000万円

4500万円+1000万円=5500万円の税金が発生します。

1億円儲かったからといって全部使ってしまうと税金の支払いが出来ずかなりまずいことになります。税金を納めないと税務署から取立てにきます。すぐには来ないである程度時間経ってから延滞税の請求付きでやってくるので、かなりの金額取られてしまいます。なのできちんと確定申告しておきましょう。

詳細は国税局のHPに記載されていますので、確認してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする